特別イベント

2021年08月13日

【活動報告】夏休みイベント2021【その3】

夏休みイベント2021 プログラミングで夏を彩ろう!

 

 

 

 

皆さんこんにちは、プログラミングスクールCotoMirai事務局の長谷川です。

今回は夏休みイベントの活動報告第3弾!

 

前回・前々回の記事はこちらからご覧ください!

・活動報告その1

https://www.kids-mirai.jp/event_content/2021summer_report001

・活動報告その2

https://www.kids-mirai.jp/event_content/2021summer_report002

 

夏休みイベントも残すところ14日(土)・22日(日)の2回となりました。

まだ参加されていない方、ご都合のよろしい方は是非以下リンクよりご予約くださいませ!

 

▼イベント詳細・予約はこちらから

https://kids-mirai.info/summer_event2021

 

皆様のご参加お待ちしております。

 

それでは、確認していきましょう!

 

---------

 

■感染症対策のお知らせ

 

プログラミングスクールCotoMiraiでは感染症対策のため、ガイドラインを制定し営業してまいります。

詳しくは以下リンクよりご確認くださいませ。

https://www.kids-mirai.jp/event_content/colona-guideline

 

---------

 

今回ご紹介するイベントはコチラになります。

----------------------------------------------------

・ScratchJrでつくるオリジナル神経衰弱ゲーム

・ScratchJrでつくるUFOキャッチャー

----------------------------------------------------

 

●ScratchJrでつくるオリジナル神経衰弱ゲーム

 

こちらのイベントではScratchの入門編教材『ScratchJr』を使用したイベントとなっております。

タブレットを使用するため、小さなお子様でもプログラミングを行うことが出来るものとなっております。

今回はこのScratchJrで神経衰弱ゲームを作成していきます!

 

担当講師はコトミライ人気講師:つばさ先生(左)とちひろ先生(右)です。

 

  

 

まずはScratchJrのプログラミングはどのようなものか確認していきます。

ScratchJrはビジュアルプログラミングを採用しております。

小さいお子様でもどのような機能を持ったブロックなのかが絵で分かりやすく表現されております。

 

 

 

簡単にプログラミングが出来たところで、1つゲームをつくってもらいます。

ゲームを作る際に必要になるのが、『メッセージ』という機能です。

キャラクターを操作したり、他のキャラクターと連動させるような複雑な動きをさせるためにはこの機能は必要不可欠なので、ここで確認します!

 

 

 

 

 

 

さて、ここまで出来るようになったらいよいよ神経衰弱ゲームを作っていきましょう!

今回は8枚のカードを使って行います。

取り組んでもらっている中で、機能にこだわりを持ってくれるお子さんや絵に力を入れてくれるお子さんなど様々!

オリジナルのゲームが出来たらお父さん・お母さんに向けて発表をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今回作成してもらったお子さんの作品は当校のLINE登録をしていただいた方にお送りしております

おうちにタブレットがあればどのようなプログラミングをしたか、実際に動かしながら確認することができます!

今後の日程でイベントのご予約をされている方は是非LINE登録をお忘れなきよう、よろしくお願いいたします

 

▼LINE登録はこちらから

https://page.line.me/pcn1885o?openQrModal=true

 

---

 

●ScratchJrでつくるUFOキャッチャー

 

このイベントも神経衰弱ゲームと同様に『ScratchJr』を使用してUFOキャッチャーをつくっていきます

神経衰弱ゲームよりもプログラミングが少し長くなり、難しい内容になっております。

担当講師は先程同様につばさ先生(上左)とちひろ先生(上右)!

またアシスタントとしてたまみ先生(下中央)も一緒にみんなをサポートしてくれました。

 

  

 

流れも神経衰弱ゲーム同様に最初はScratchJrのプログラミングを確認するところから始めます。

参加しているお子さんには既に幼稚園や学校でやったことがあるというお声も聞こえてきました。

ただ、ここまでしっかりとゲーム作りまで行っているところは少ないようでした。

 

 

 

 

だんだんとみんなも慣れてきてくれたところで、ゲームに必要な機能を説明をしていきます。

今回のゲームでもメッセージ機能というものが重要となっており、クレーンの移動ボタンやプレゼントを取る動きなどに使用します。

是非おうちでご確認していただく際はここの部分でどのようになっているのかをご確認していただくとよろしいかと思います。

 

 

 

 

さて、UFOキャッチャーのプログラミングまで出来たら、お父さん・お母さんに向けて発表しましょう!

今回も機能にオリジナル性を持たせてくれたお子さんやゲットした箱からキャラクターが飛び出してくるようにプログラミングをしてくれたお子さんなど様々いらっしゃいました。

みんな難しい内容でしたが、しっかりと完成まで頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

今回はみんなの作品の中から1作品をお見せいたします。

このようにプレゼントからキャラクターが飛び出してくるプログラミングまで行ってくれたお子さんもいました!

素晴らしい作品ですね。

 

 

---------

 

 

今回ご紹介いたしましたScratchJrイベントではコトミライオリジナルの内容となっております。

コトミライでは学習コースとして年長からScratchJrコースにご参加いただけます。

無料体験会も実施しておりますので、ご興味がある方は是非以下URLより体験会にご予約くださいませ!

 

また学習コースではほかにもロボットプログラミングや年中からご参加いただけるカリキュラムも多数ございます!

お子様の習い事にプログラミングをお考えの方も是非ご予約くださいませ!

 

▼無料体験会ご予約はこちら

https://www.kids-mirai.jp/trial/application#trial_lesson_form

 

夏休みイベント2021のイベントも絶賛予約受付中!

残り2日間となったイベントに参加しよう。

 

▼イベント詳細・ご予約はこちら

https://kids-mirai.info/summer_event2021

 

 

皆様のご予約お待ちしております!

夏休み
イベント
年長
幼児
ScratchJr
神経衰弱
UFOキャッチャー