コラム

2022年02月24日

プログラミング教育〜プログラミング的思考〜

プログラミング教育の目的


プログラミング的思考とは何かを明確にするために、まずはプログラミング教育の目的とは何かについて考えたいと思います。

プログラミング的思考を育成すること
②プログラムや情報技術の社会における役割について気付き、それらを上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度を育むこと
③各教科等の中で実施する場合については、各教科等での学びをより確実なものにすること

以上の3つが「小学校プログラミング教育の手引き 第二版(文部科学省)」が示すプログラミング教育の目的です。文部科学省が定義するプログラミング教育の目的には、特定のプログラミング言語を取得することは含まれていません。プログラミングに取り組むことでお子様がプログラミング言語を習得することは考えられますが、プログラミング教育はそれ自体を目的としているわけではないのです。

プログラミング的思考とは

では、①に挙げられているプログラミング的思考とは何なのでしょうか。
プログラミング的思考は「小学校プログラミング教育の手引き 第二版(文部科学省)」で以下のように定義されています。

 「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

プログラミング的思考とプログラミングの違い

プログラミング的思考は「ものごとを組み立てていく取り組み方」なのに対して、プログラミングはその「取り組みそのもの」を指します。プログラミングをするためには、「何がしたいのか?」「そのためにはどうすればいいのか?」を論理的に考える力が必要です。これがプログラミング的思考です。プログラミング的思考を養うことで、プログラミングをする時だけでなく、あらゆる場面で論理立てて考える力を身につけることができます。


日常生活のプログラミング的思考


日常生活の中のプログラミング的思考にはどのようなものがあるのでしょうか?
例えば、料理を作るとき、その料理を作るために必要な材料を考え、完成までの手順を考え、その順番に従って調理します。これはまさにプログラミング的思考そのものです。
また、子どもが宿題に取り組むとき、例えば算数では答えを導き出すために試行錯誤してさまざまな過程を踏みます。これもプログラミング的思考です。
このように私たちの日常にはさまざまなプログラミング的思考が溢れているので、プログラミング的思考を育てるのは生きる上で大切なことなのです。

アンプラグドなプログラミング


パソコンなどの電子機器を使わずにプログラミングを学習することをアンプラグドなプログラミングと呼びます。アンプラグドなプログラミングのメリットは、タイピングがまだできない低年齢のお子さんでも学習することができ、プログラミング的思考について知ることができます。

プログラミングスクールCotoMiraiでは、アンプラグドなプログラミングも教材として扱っています。お子さまのプログラミング的思考を育みたい方はぜひ一度無料体験会にご参加ください。また、こちらのコラムに教材等のより詳しい情報が掲載されているのでぜひご覧ください!


https://www.kids-mirai.jp/contact/customerhttps://www.kids-mirai.jp/trial/application