プレスリリース

2018年07月13日

プログラミングトイスポット-プレスリリース-

幼児からのプログラミングスクールCotoMiraiを運営しておりますフォーブス株式会社は、3歳から対象のより気軽により楽しくプログラミングを体験できる「プログラミングトイスポット」のサービスを2018年6月23日から開始いたしました。

 

今、大注目のプログラミントイにたくさん触れて遊べる

3歳からのプログラミング体験型スポットが六本木にオープン!

『おもちゃ』と『遊び』から始める、誰でも気軽にプログラミング体験

 

◾️内容

 

六本木にあるプログラミングスクールCotoMiraiは、2018年6月に3歳からプログラミングの感覚を自然に楽しく体験することができる『プログラミングトイスポット』のサービスを開始しました。創造性、自主性、表現力を伸ばす注目のプログラミングトイを多数展示し、『遊び』をきっかけに多くの方にプログラミングを知っていただきたいと考えております。1時間30分のイベントは、①展示してあるたくさんのプログラミングトイで自由に遊ぶ時間、②保護者向けのプログラミング教育に関するレクチャーの時間、③月毎に決められたおもちゃでじっくりプログラミング体験をする時間の三部で構成されており、プログラミングをより深く理解していただけるようなプログラムになっています。遊びやすいように改装された広々とした空間は子どもから大人まで快適に過ごすことができます。

 

 

◾️背景

 

昨今、2020年のプログラミング教育必修化により、子どもを対象としたプログラミング教育への関心が高まっています。中でも現在3-5歳の子どもは教育が必修化する最初の世代ということから、その保護者からの早くからプログラミングに触れたり、試す機会を持ちたいというニーズがあります。しかし、平成27年6月に総務省から報告されております「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究報告書」によれば開設されているプログラミング教室の中で、小学生以上の子供向けの教室・講座が全体の93%を占めており、小学生未満の子供向けの教室が少ない現状にあります。また、日本では高等教育機関での文系選択の比率が高い傾向(平成27年度学校基本調査)にあるため、理系的専門知識のない保護者が多くおり、プログラミング教育の内容のイメージを持ちづらかったり、自身が知らない分野に対してどのように取り組めば良いか不安に感じられる方も多くいます。そこで、私たちは専門的で難しそうな印象のあるプログラミングのイメージの払拭や2020年の小学校プログラミング教育必修化の早期準備を目的とし、より気軽により親しみやすくプログラミングが体験できるよう幼児から『おもちゃ』と『遊び』と『プログラミング』を合わせたサービスを開始しました。

 

◾️概要

 

対象:3歳〜

定員:8組/1回

所要時間:1時間30分

定期開催:基本、水曜日、土曜日、日曜日 ウェブサイトでの事前予約制

料金:基本料金 3000円(大人1名、こども1名)

   +大人1名ごと 500円  +子ども1名ごと 1500円

   2歳以下は無料

 

【プログラム】

①- プログラミングトイで自由に遊ぼう!(展示されているプログラミングトイと子ども用プログラミング教材が入ったタブレットに自由に触れることが可能。スタッフが遊びの補助を行います。)

  - プログラミング教育が注目されているのはなぜか。(子どもが自由に遊んでいる間、保護者の方の心理的負担の緩和やプログラミング教育に関する情報発信を目的とした保護者向けレクチャー )

②ピックアップトイでスタッフと楽しくプログラミング体験

(展示プログラミングトイからおもちゃを月ごとに1つ選び、30分ほどのワークショップを参加者全員で行います。遊び方が難しいおもちゃでも自然に楽しくプログラミングの感覚を体験できます。スタッフがファシリテートすることでおもちゃの魅力を最大限に引き出し、子供たちが楽しみながらプログラミングに必要な要素や感覚を体験する目的としています。)

③お気に入りのプログラミングトイで自由に遊ぼう

(②のプログラミング体験で身につけたプログラミングの感覚を他のおもちゃで自主的に遊ぶこと。さらに対象年齢が高めな複雑なおもちゃへのチャレンジや、好みのおもちゃをさらに遊ぶことで習熟度を高める時間としています。)

-------

幼児期はおもちゃの好みや集中力の度合いなどに個人差があるため、子どもが飽きずに楽しくプログラミング体験を楽しめるよう、多くのおもちゃに触れる機会を設けており、イベントは三部で構成されています。展示されているおもちゃはおもちゃコンサルタント(認定NPO法人 芸術と遊び創造協会認定)と現役ITエンジニアがセレクト。保護者の方にとっては自身のお子さんと様々なプログラミングトイのマッチングを測る場や情報収集をする場として活用してもただいています。
 

◾️今後の展望

今回開始しました「プログラミングトイスポット」では、今後も様々なプログラミングトイを使用し、子供たちによりプログラミングを楽しんでいただけるよう、多種多様な遊びと学びを提供して参ります。今年秋には、創造性、自主性、表現力を身につけながらプログラミングを学べる幼児向けの通学のコースを開講予定です。プログラミングトイからプログラミング的思考の基礎を築き、タブレットを使ったプログラミングでの自由創作などを最終目的としています。お子様のレベルに合わせた様々なステップアップの機会を提供いたします。

 

プレスに関するお問い合わせ先は

info@kids-mirai.jp

担当:小柳万莉(おやなぎ まり)/渡邉拓(わたなべひらく)

 

プレスリリース
プログラミングトイスポット