外部イベント

2019年08月30日

夏特別イベント出講開催 in 横浜市 Twinkle kids

CotoMiraiが小学生向け学童を行っているTwinkle kidsさんにてプログラミング授業を行いました!

 

8月22日に神奈川県横浜市都筑区にあるTwinkle kidsへ伺い、小学生へ特別イベントを開催いたしました!

Twinkle kidsは英語の幼稚園 、プリスクールです。卒園した現小学生に向けては学童施設としても運営をされています。

今回はサマースクールプログラムの一環としてプログラミングスクールCotoMiraiがプログラミングコースの授業を行いました。

 

Twnkle kidsさんのコンセプトは『自然に楽しみながら英語を学ぶ』ですので、園内のコミュニケーションは全て英語です。

そのため今回のプログラミングの授業はCotoMiraiの講師が英語で指導をしました。

 

みんな元気なTwinkle kids達です。laugh

午前は1−2年生、午後は3ー6年生までが対象で行いました。

プログラミングは「Viscuit(ビスケット)」使用。

  • 1ー2年生は動くアニメーションを作る
  • 3ー6年生はゲームを作る

をテーマにして、学習を行いました。

 

まずはプログラミングのやり方を指導。

初めて触るビスケットに興味津々laugh

 

最初は緊張していましたが、楽しい内容に思わず笑顔。

お友達同志で見せ合いっこをしていましたheart

 

やり方を細かく教えてもらった後は

自分でオリジナルのアニメーションやゲームを作成します。

どんなロジックを組めば面白い内容になるかを考え、時間内に完成させられるよう一生懸命作っていました。

 

 

ゲームの内容や今日やったことをまとめます。

  • プログラミングとは?
  • 繰り返す動作をするにはどうしたらいい?

など授業をきちんと聞いていないと分からない内容のクイズもあり、コンピューターに関する概念もきちんと学び、振り返りをしました。

 

 

作成し終わった後は発表とフィードバックタイム

 

「あれは私が作ったうさぎだよ」

「これは楽しいゲームになるために絵が変わるように工夫しました」

「複雑なプログラミングにして難易度をあげました」

 など、自分の作品に対する思いを発表してもらいました。

 

力作がずらり。みんな最後まできちんと完成することができました。

 

 

【終わったあとの子ども達の感想】

それぞれ2時間と2時間半の授業時間でしたが、終わった後は

「もう終わり?あっという間だった!」

「すごく楽しかった!もっとやりたい」

という声があり、私たち講師も子ども達の楽しそうな顔を見れとても嬉しかったです。

 

Twinkle kids のみなさま、ありがとうございました!

 

【教育機関へのプログラミング教育の導入】

2020年度のプログラミング教育必修化に向けて各小学校が様々な形で準備に取り組まれています。

ただし、どんな風にプログラミング教育を展開していけば良いか分からない小学校も多いかと思います。

私たちは子ども向けの授業はもちろん、保護者向けのご説明や教育機関の先生方に向けたセミナーなど様々な形で

ご相談、開催を行っております。

ご興味のある方やどのような導入をすれば良いかというような相談ベースでも可能ですので、

まずはお問い合わせください。

出張講座
特別授業
ビスケット
Viscuit