コラム

2020年05月22日

【言語紹介】社会で使われているプログラミング言語【C++編】

プログラミング言語『C++ってなに?』

 

皆さんこんにちは、プログラミングスクールCotoMirai事務局でございます。

前回に引き続き、今回もプログラミング言語について簡単にご紹介!

 

-----

▼前回記事はこちらからご覧ください。

https://www.kids-mirai.jp/event_content/92

-----

 

世界中で幅広く使用されている『C++言語』とは、一体どのようなものなのか…

一緒に確認しましょう!

 

-----

 

 

■C++言語とは?

C言語を拡張したプログラミング言語で、『シープラ』や『シープラプラ』なんて呼ばれています。

C言語の拡張言語ということもあり、難易度は難しめと言われております。

ただ、C言語同様この言語も理解すると他言語の理解にも役立つようなものとなっております。

 

C++とCの大きく違う点は、オブジェクト指向を加え効率よくプログラミングを可能にした点でしょう。

では、大きく違う『オブジェクト指向』とは何なのでしょうか?

 

-----

 

■オブジェクト指向ってなに?

オブジェクト(Object):モノ、物体

指向:ある方向・目的に向かうこと。また、方向・目的を指示してその方へ向かわせること。志向。

-----

オブジェクト指向とは、プログラムの設計や実装についての一つの考え方

互いに密接に関連するデータと処理手順を一つのまとまりとして定義することでシステムを構築する手法です。

 

例えば、ユーザーを定義したとき、ユーザーの情報として名前、身長、体重が必要としましょう。

ユーザーは一人ではなく複数人おり、一人ひとりに名前、身長、体重の情報があります。

このような『あるモノ』を定義し、複数の情報を一つにまとめる考え方をオブジェクト指向と言います。

他にも調べたところ、機械とリモコンの関係を例に挙げて説明しているものもありました。

 

-----

 

 

■C++言語の歴史

 

C++言語は前身のプログラム言語C with Classesの開発された1979年からはじまります。

 

開発される目的としては、

・C言語と同等レベルの処理速度
・C言語に互換性がある言語 ※重要!
・人が理解しやすい言語

つまり、C言語をより使いやすく、よりわかりやすく、また幅を広げることを目的で開発されました。

 

そして、改良を重ねた結果、1983年(C言語開発から11年後)のベル研究所の科学者であるピャーネ・ストロヴストルップ氏によって言語名をC++へ変更し生まれました。

確かに前の名前よりも覚えやすいですね!

 

ちなみに、C++の『++』の由来ですが、C言語のプログラム上で出てくるインクリメントが由来となっております。

インクリメント:ある数値に1加える、進めること

デクリメント:インクリメントの逆。ある数値に1減らすこと

つまり、『C言語の前進したプログラム言語』という意味が込められております。

 

-----

 

 

■社会で使われているC++言語

 

C++という言語は皆さんも知っているあるものに使われています。

 

●家電のシステム

テレビやエアコン、冷蔵庫等家電には様々ありますが、それらの中のプログラムはC++が使用されております。

もちろん、コンピュータやゲーム機等も使用されております。

知らず識らずのうちに身近で使用されているんですね。

 

●WEBブラウザ『Google Chrome』

世界的に利用されているGoogleのWEBブラウザ『Google Chrome』のシステムはC++を使用しております。

またWEBブラウザの拡張機能である『プラグイン』に関しても同じくC++を使用しております。

 

●IoT(Internet of Thing)技術

CMでも最近聞くことが増えた『IoT』ですが、意味としては『モノのインターネット化』のことを言います。

例えば、スマートフォンから冷蔵庫の中身をチェックしたり、声で電気をつけられるようにすること等も『IoT』です。

この『IoT』の開発プログラムでC++が使われております。

 

-----

 

■まとめ

 

それでは、C++言語についてまとめてみましょう。

 

●C++はC言語にオブジェクト指向を追加したC言語を改良した言語

●C言語とは互換性があり、わかりやすく、使いやすくなっている

●難易度は難しめだが、理解すると他の言語の理解促進につながる

●現代でも多くのアプリケーションやシステムに使われている人気の言語

 

-----

 

いかがでしたか?

今回は前回に引き続きプログラミング言語についてご紹介しました。

プログラミング言語はまだまだ数多くありますので、今後も順次簡単にご紹介していこうと思います。

是非皆さんも調べてみてはいかがでしょうか?

 

プログラミングに興味をお持ちでしたら、他の記事やコース紹介等も是非ご覧ください!

 

 

 

エンジニアがいるITベンチャー企業運営のプログラミングスクールCotoMiraiでは、

無料オンライン説明会・体験会をを行っています。

 

 

お子さんのプログラミング学習をCotoMiraiで始めてみませんか?

皆さんのご連絡お待ちしております。

 

-----

■参考

https://hnavi.co.jp/knowledge/blog/c-plus-plus/

http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/cpp/cpp1.html

https://web-camp.io/magazine/archives/27490

https://ja.wikipedia.org/wiki/C%2B%2B

https://kuguru.jp/4995

https://www.sejuku.net/blog/27276

CotoMirai
プログラミング言語
C++