ニュース

2020年07月31日

新型感染症予防対策ガイドライン【重要】7/31追記

6月1日(月)から通常営業を再開いたしました。

 

5月25日に緊急事態宣言が全面解除されたことを受け、プログラミングスクールCotoMiraiは6月1日より六本木教室での通常授業の営業再開を決定いたしました。

 

今後の新型コロナウイルス収束の長期化を見据え慎重に営業を再開するとともに、お客様や従業員の健康面や安全面を守るためにも、引き続き感染症の拡大防止に向けた対策を徹底してまいります。また事業を再開するにあたり、みなさまが安心してご利用していただくためのガイドラインを作成いたしました。

 

サービス内容の留意点、営業に際しての安全対策の取り組み、お客様へのご協力や対策期間中の特別措置に関する記載もございますので必ずご一読いただきますようお願いいたします。

 

(参照元)
事業者向け 東京都感染拡大防止ガイドライン ~「新しい日常」の定着に向けて~

学習塾事業者における 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

 

2020/7/31更新 新規顧客(体験会・イベント参加者)に対してのガイドラインを追加、修正

 

安心してご受講いただくための新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

 

 

【サービス内容に関して】

・通常授業、教室での体験会、イベントを安全対策を行い実施。

・希望される方にはオンラインでの授業、説明会、体験会も通常の教室内サービスと並行して実施。

 

①振替、曜日時間変更の対応

・感染症対策目的による欠席に関しては振替が可能。期間は2020年内(2020年12月の最終営業日まで)とする。

・受講生が通っている教育機関の分散登校などの措置により既存のクラスでの受講が困難になった場合、事務局と受講生の保護者双方の相談の上、曜日時間変更の対応を行う。

 

②開講カレンダーの変更

・2020年6月時点で提示されているCotoMiraiの開講カレンダーは、教育機関の休暇の変更等を鑑みた上で改定を行う。改定し次第、受講生に速やかに案内をする。

 

 

【既存受講生、新規受講生(イベント、体験会参加者)、スタッフ、教室内に向けた対策】

 

 ①既存受講生への対策協力

・来校前に検温を行う。その際に、37.5度以上の発熱や軽い風邪 症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけ)があった場合、自宅待機をする。 

・発熱等がある者のみならず、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国、地域等への渡航、並びに当該在住者 との濃厚接触がある場合、来校を控える。

・地域の感染状況や欠席状況などを把握する。 

・マスクの着用の上、来校する。

・スクールに来校した際は、スタッフの指導の元、受講生に「手洗い」を履行する。 アレルギーがない場合には「アルコール消毒液等の除菌」も行う。

・手洗い時はトイレにあるペーパータオルを使用するか個人用のタオルを使用する。

・お客様や受講生に普段と違う体調が見られた場合は、ご家庭にご相談しご帰宅をお願いする場合がある。

・教室内での見学は体験会を除き、原則禁止とし、飲料水の提供も行わない。

・受講生の送迎に関しては教室内の入室は原則1名とする。 

 

②新規受講生(イベント、体験会参加者)への対策協力

・イベント参加後に教室内での感染が判明した場合、迅速な連絡と感染経路の確認を行うため、予約時に個人情報の提供をお願いする。

・来校時に教室内で検温を行う。その際に、37.0度以上の発熱や軽い風邪 症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけ)があった場合、教室内への入室を控えてもらいご帰宅をお願いする。

・発熱等がある者のみならず、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国、地域等への渡航、並びに当該在住者 との濃厚接触がある場合、来校を控える。

・マスクの着用の上、来校する。

・スクールに来校した際は、スタッフの指導の元、受講生に「手洗い」を履行する。 アレルギーがない場合には「アルコール消毒液等の除菌」も行う。

・手洗い時はトイレにあるペーパータオルを使用するか個人用のタオルを使用する。

・お客様や受講生に普段と違う体調が見られた場合は、ご家庭にご相談しご帰宅をお願いする場合がある。

・教室内での見学は体験会を除き、原則禁止とし、飲料水の提供も行わない。

・受講生の送迎に関しては教室内の入室は原則1名とする。

 

③スタッフの対策

・スタッフの出社前の検温を徹底し、37.5度以上の発熱、咳、全身倦怠感等の症状があれば 出社させないようにし、自宅待機をする。 

・発熱等がある者のみならず、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある 場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去 14 日以内に、政府から入 国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域等への渡航、並びに当該在住者 との濃厚接触がある場合、自宅待機をする。 

・地域の感染状況や欠席状況などを把握する。

・マスクまたはフェイスシールド、手袋の着用を周知し、「咳エチケット」を確実に実施する。 

・出勤時、毎回の授業前、授業後、退勤時などに「手洗い」「うがい」「消毒液での除菌」を行う。

 ・地域の状況に応じて、不要不急の外出や大規模集会、興行施設等不特定多数の集まる場所へや県外への外出を自粛する。

・出勤人数を最小限にし、テレワークやローテーション勤務を行う。 

・時差出勤を行い、ラッシュ時の通勤及び、公共交通機関の利用を可能な限り避ける。

 

④教室内の対策

・教室等における生徒同士及び講師との間隔を1~2m確保する

・四方を空けた席配置など、塾生同士の接触を少なくするよう工夫する 

・受講人数を少人数(1名〜8名)に限定する。イベント、体験会に関しては最大4名(2組)とする。

・体験会を除き、父母の見学は原則禁止とする。飲料水の提供等は停止する。

・送迎の際の父母の教室内の入室は原則1名とする。

・体験会、イベントの場合の同伴は受講生1名につき原則大人1名とする。(ご兄弟の同伴がやむを得ない場合は事前連絡が必要)

・他人と共用する物品や手が頻回に触れる箇所を工夫して最低限にする。 

・高頻度接触部位(テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、電話、キーボー ド、タブレット、タッチパネル、レジ、蛇口、手すり、エレベーターのボタンなど)を特定し、消毒液(消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム等)で定期的に清拭する。

・飲料水の提供等は停止する。飲料水の持ち込みに関しては蓋付きのもののみ可能。

・教室内にある本の閲覧は休止する。

・教室の換気をこまめに行う。

 

 

【受講生や家族、スタッフやその家族に感染症の疑いがある場合・感染が判明した場合】

 

①感染症の疑いがある場合の対応 

・受講生やスタッフとその家族に疑いがある場合、保護者ないしはスタッフと連絡をとり記録をもとに症状や経過を正確に事務局に伝える。適宜、医療機関等に相談して指示を受ける。 医療機関で受診した後はその結果を速やかに伝える。

・スタッフに対しては体温測定等により症状等を的確に把握し、体調の変化等について記録を行う。

・発熱等の風邪の症状がみられる時は、自宅で休養するようにさせる。 

・保護者に対して地域や事業所内での感染症の発生状況等について情報を提供する。

・受講生、スタッフ本人ないしは家族に感染の疑いがある場合は、通学および出勤を見合わせる。

 

なお、下記の専門機関に相談が可能。

「新型コロナウイルス関連肺炎に関する電話相談窓口」03-5320-4509

 

②感染が判明した場合 

・受講生やスタッフ、その家族に感染が判明した場合、保護者に連絡をとり記録をもとに症状や経過を正確に事務局に伝える。適宜、医療機関等に相談して指示を受ける。 医療機関で受診した後はその結果を速やかに伝える。

・感染が判明した場合は、治癒するまで通学及び出勤を停止する。 

・感染が判明した場合又は感染者の濃厚接触者に特定された場合は、感染者と最後に濃厚接触をした日から2週間を通学及び出勤を停止する。

・市区町村や保健所等、地域の関係機関と速やかに連携を図り、感染症が疑われる者等の人数、症状、対応状況等を事務局から迅速に報告するとともに、助言・指示を求める。 

・教室内を適切に消毒する。 

・事業者の責任の下、感染症の発生状況および接触者の状況を記録する。この際には、受講生に関する事項だけではなく、従業員の健康状態についても記録する。

・教室の休業について市区町村や保健所等の地域の関係機関と相談の上、判断する。

・当該ビル内での感染、受講生、スタッフの感染が確認された場合は速やかに状況を関連者に全員に通知を行う。

 

 

【今後、感染症が拡大した場合】

 

・政府ないしは行政機関が提示する感染者数の確認及び教室の所在する学校が臨時休校の有無の確認した上で、営業の継続に関して判断する。

・不特定多数が集まるイベントに関して感染拡大防止の観点から延期もしくは中止をする場合がある。

・政府ないしは行政機関からの施設の使用の制限・休止の要請があった際は、適切に対処する。

 

 

 スタッフ一同、受講生の皆様の健康管理にも注視をして適切な対応をさせて頂きますとともに、感染症予防対策の注意喚起に努めてまいります。ご家庭でも感染予防へのご配慮いただけますようお願い致します。

引き続きご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

 

制定:2020年5月28日 

改定:2020年7月31日

 


 

上記ガイドラインに関するお問い合わせ先

プログラミングスクールCotoMirai

〒106-0032 東京都港区六本木4−1−4 黒崎ビル2階 

E-mail: info@kids-mirai.jp  | TEL : 050-3442-5701

営業再開
新型コロナウィルス
感染症対策